UGのダブルダイノ

UGが趣味のクライミングのことを綴るブログ

これはシビれた!おすすめの初段TOP3を紹介します

こんにちわ、こんばんは。UGです!

外岩での初段といえば、まず誰もが目標にするグレードですよね!

ぼくはクライミングを始めて約2年で初段を登ることができました。

初めての初段はそれはもう嬉しかった!...と、言いたいところなんですが、思ってたよりもあっさり登れてしまったので、ちゃんとラインが合ってるのか!?という心配が先行する形でした。笑

でも周りに聞いても「大丈夫!合ってる!」とのことだったので、よし!としました。笑

それからはけっこう色々、全国津々浦々の岩を触り、初段を登ってきました。

そんな中で、この岩のこの課題はよかった!!というおすすめの初段TOP3をご紹介したいと思います。

初段をまだ登ったことがなく、登ってみたい!という方はぜひ参考にしてみてください。

また、次は何登ろうかな〜と思っている方は、ぜひともこれらの課題を触っていただきたい!

もしかしたら登ったことがある課題が出てくるかもしれませんが、その時はあー懐かしいなぁと思いながら読んでください。

では、さっそくいきましょう!

第3位 岐阜県 恵那「坂の上の雲」

f:id:ug06:20181016111830j:plain

第3位にランクインしたのは、クライマーにとってのディズニーランド、恵那にある「坂の上の雲」!

まずネーミングが最高じゃないですか!?

めちゃくちゃかっこいい。

その名の通り、けっこう坂を登った先にあります。

なので、アプローチがけっこう大変ではあります。笑

そしてこれまたその名の通り、岩は適度な高度感。

おかげで本当に雲の上にいるような、そんな感覚になれます。

上の画像は核心を抜けてガバを取ったところなので、この辺から落ち着いてその感覚に浸れます。

下部〜中間部はヒールフックやトゥーフックといった足技が重要になってきます。

そしてこの岩、ほんのちょっとだけ被っているため、パワーも少し必要な場面があります。

技術とパワー、両方があって初めて登れる課題です。

その分、登りきった時の達成感はひとしおです。

そういった意味から、第3位とさせていただきました。

第2位 沖縄県 具志頭「アラウンド・ザ・コーナー2」

f:id:ug06:20181016120631j:plain

続いて第2位は、沖縄県具志頭にある「アラウンド・ザ・コーナー2」。

これは何と言ってもロケーション!!

だだっ広い砂浜にどーーーん!と佇む巨石。

広い空、青い海。

もう最高ですね!

岩自体も被っていて、一般の人から見たら「おお!なんかすごいとこ登ってる。」と思われるので、自慢できます。笑

課題としても2本指ポッケがあったり、ダイナミックな振られがあったりと登りごたえ十分です。

ちなみにぼくの初めての初段はこれです。

こちらの記事に詳しく書いてますのでよかったらどうぞ!

外岩での初めての初段を紹介します。沖縄県具志頭ボルダー - UGのダブルダイノ

第1位 徳島県 鳴滝「ラントルスラブ」

f:id:ug06:20181029004213j:plain

映えある第1位に輝いたのがこちら、徳島県鳴滝の「ラントルスラブ」。

正直、あんまりメジャーな課題ではないですが、めちゃくちゃシビれるんですよこの課題。

その理由としてまず、ランディングが比較的良いです。

砂と砂利の間ぐらいの粒の石なので、柔らかいんですよね。

画像をよく見てもらったらわかりますが、マットも1枚だけです。

ただすぐ横は川なんで、ちょっと間違えたら落ちます。笑

でもまぁそれでも濡れるだけなんで。

濡れる核心って感じですね。笑

そしてこの課題の核心、実は1手目なんです。

地上から手を伸ばしてギリギリ届くところにスタートホールドがあり、それを持ってまぁまぁ高い位置にあるフットホールドに足を置きます。

このフットホールドがまたナルい。笑

手のスタートホールドもガバスローパーという印象で、そこまでめちゃくちゃ良いわけでもない。

そんな状態から真上のガバを取りにいくのが1手目です。

これがまぁ遠い。

固めていけるような距離じゃないので、スタート体勢からせーのでデッドで手を出します。

このときの動きが、ランジのような、でもそこまで飛ぶでもなくマントルを返すような動きなので、合わせて「ラントル」

そして若干スラブ気味なので、「ラントルスラブ」という名前だそうです。

この1手目で何回落ちたかわかりません。

そしてその1手目以降は正直言ってガバです。

しかし、この岩、バラすこともできないので1手目が止まった後はすべて初触り。

しかもガバなもんだから持てちゃうんですよね。

気がつけばもう落ちれない高さ。

慎重に1手1手を探りながら行くしかないんです。

落ち着けば必ず持てるところがあります。

登りきった時はその集中状態からの解放もあって、ものすごく気持ちいいです!

まさにシビれる!良課題ということで1位に選ばせていただきました。

まとめ

どうでしたか?三者三様、それぞれにいい所がある課題だったと思います。

ぼくはこの3つは本当に胸を張っておすすめできる初段と言えます。

初段を登ったことがない人もある人も、ぜひとも触りに行ってみてください!

では、今回も最後まで読んでいただきありがとうございます!