UGのダブルダイノ

UGが趣味のクライミングのことを綴るブログ

外岩での初めての初段を紹介します。沖縄県具志頭ボルダー

f:id:ug06:20181029003528j:plain

こんにちわ、こんばんは。UGです!

最近、朝晩が冷えますね!

この前まで夏だったのに、あっという間に10月。

いつの間にか季節は本格的に秋っぽくなってきました。

と、いうことは...そうです。外岩のシーズンです!

これまでぼくが登った外岩は多々ありますが、今回はその中でも思い出深い、初めての初段をご紹介しようと思います。

沖縄県具志頭ボルダー

ぼくの初めての初段は沖縄の岩でした。

自分で言うのもなんですが、最高でしょ?笑

その場所というのが、沖縄本島のほぼ南端、具志頭にある岩場です。

具志頭と書いて「ぐしちゃん」と読みます。

沖縄っぽい可愛い名前です。

しかし、岩自体はまったく可愛く無いです。

ガビガビ、トゲトゲ。

ここの岩は琉球石灰岩と言って、サンゴ礁を起源とする岩だからなんです。

なのでここの岩を登るときは、手の指にテーピングぐるぐる巻きです。笑

行く方はテーピング必須ですよ!それも多めに!!

ただ、ロケーションは最高です。

広い空、青い海。

そんな場所にドーーン!とひとつの大きな岩があります。

通称「うさぎ岩」

その岩にある初段のラインが、ぼくの初めての初段になりました。

課題名「アラウンドザコーナー2」初段

うさぎ岩、下部は波によって浸食されえぐれています。

そのため、被っているラインを登ることになります。

このあたりはそういう岩が多いです。

まさに被り王国!

被り大好きのぼくにはたまらない場所です。

さて、そんな被ったうさぎ岩の初段。

課題名を「アラウンドザコーナー2」と言います。

手は比較的いいです。

だた、一手目はポッケです。笑

穴の大きさは指2本入るかな?ぐらいです。

指の細い人はスッと2本入るんでしょうけど、いかんせんぼくの指は太い。笑

なんとか中指と薬指をねじ込んで登りました。

二手目は少しなるいガバです。

ここの持ち感がしっくり来ていないと、この後の足ブラに耐えられないです。

ぼくはそこで何度か落ちました。

なんか、ガバの中にちょっとシワと言うか、段差みたいなのがあるので、それをうまく持てればいけます。

でもほんとに微妙な段なので、見失ったりします。

あれ?どこをどう持ってたっけ??っていう、よくあるあれです。笑

ただ、この辺りからムーブがかなり分かれてきます。

人によるってやつです。笑

だから少しなるいガバで足ブラになっていない人もいます。

その辺りは実際に触ってみて自分なりのムーブを探るのが一番だと思います。

上にも書いたんですが、この岩はいかんせんガビガビ、トゲトゲ。

と、いうことは、持てるところもいっぱいあります。

人によって使うポッケが違ったり、手の小さい人は「それどこ持ってんの?」という極小ホールドをカチったりしてます。笑

そうやって自分なりのムーブを組み立てやすいところがこの岩の特徴なので、複数人で触って、「おお!そう行く!?」みたいな楽しみ方も良いと思います。

被っている面を抜ければあとは簡単!

階段状になっているので、普通に登って行くだけです。

そして頂上に立ったときの気持ち良さはハンパじゃないですよ!

空!海!砂浜!!

そうそう、この岩は砂浜にあるので、ランディングもいいです。

正直、マットなしでもトライできます。

ぼくはマットありでしたが。笑

近くのゲストハウス「結縁(ゆいえん)」というところで1日1000円でマットをレンタルしてくれるので、利用してみてもいいかもしれませんね!

まとめ

いかがでしたか?

沖縄の岩。

めちゃくちゃ魅力的じゃないですか?

ロケーションも最高だし、ぼくはこの課題が初めての初段でほんとうに良かったと思ってます。

実はこの半年後、初めての二段もこの岩で登ることになります。笑

相性いいのかな?笑

ちなみにこれを登ったときは11月でした。

11月でも全然寒くなかったので、これからがおすすめです!

気になった方はぜひ行ってみてくださいね!

最後まで読んでいただきありがとうございます!